記事
『リターン(仮)』パク・ギウン、財閥の違った裏面!
2018.01.18

韓国の記事にギウンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

ドラマ『リターン(仮)』パク・ギウン、財閥の違った裏面…カリスマ演技での初印象

ドラマ『リターン(仮)』パク・ギウンが完璧な財閥の姿と醜悪な不倫のカリスマ演技で
視聴者たちに強い初印象を見せた。

17日(水)に初放送されたドラマ『リターン(仮)』でいい人コンプレックスを持つ
テハグループの相続者で本能による不倫を起こすカン・インホ役として登場し、
印象に残る演技をみせた。

しかし、チェ・ザへの開業パーティーから帰る途中、隣に引っ越して来た
ヨム・ミジョン(ハン・ウンジョン)が荷物が重いとカン・インホに
助けを呼んでから正反対のことが起きた。
不倫関係のヨム・ミジョンの家に入った後、「あなたが何でここにいる?本気なの?」と
叫びながら体の関係を持つ衝撃的な姿をみせた。
またヨム・ミジョンの家ではなくホテルでも不倫をし、
夜、自分の家で皇太子4人組の食事にオ・テソク(シン・ソンロク)がヨム・ミジョンを
こっそり呼ぶイタズラをされて、オ・テソクに対し怒るなど、緊張感あふれる姿を見せ没入させた。

<中略>

パク・ギウンは、ジキル&ハイドのような二重性を持つ演技を完璧に見せ、
視聴者たちから「一番現実的に怒りを誘発するキャラクター」という反応を見せた。
妻のクム・ナラに対してはいい旦那としての姿と不倫関係のヨム・ミジョンには
狂気に近い邪悪さを始め、本能による表情と行動を見せ、没入させた。

カン・インホキャラクターを完璧な演技で見せたパク・ギウンは
初放送からドラマのダークホースとしてこれからの展開に期待感を高めている。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

Copyright 2016 HAEWADAL ENTERTAINMENT & C MEDIA All Rights Reserved.

z[ gbv Xgɖ߂